しぶや甲状腺クリニック

しぶや甲状腺クリニック

Thyroid甲状腺ホルモンが少ない

血液中の甲状腺ホルモンが低下すると下記のような症状が現れます。
  • 首の腫れ
  • のどの違和感
  • 寒がり
  • 食欲はないのに太る
  • 肌の乾燥
  • からだがかゆみ
  • からだがむくむ
  • 便秘
  • 昼間も何故か眠い
  • 居眠りをする
  • やる気がでない
  • からだが重い
  • 月経不順
  • 不妊
  • 流産
甲状腺ホルモンは、生きていくために必要不可欠なホルモンです。
甲状腺機能に異常がない人は、血液中の甲状腺ホルモンが常に適切な量に調節されています。
しかし、甲状腺機能に異常がある場合は甲状腺ホルモンの量を適切に調整することができなくなります。血液中の甲状腺ホルモンの量が少ない状態が「甲状腺機能低下症」です。
このような状態になる病気にはいくつかあり、その代表的な病気が橋本病です。同じ甲状腺機能低下症でも病気によっての治療法が異なりますので、まずは専門的な検査をおこない病名を確定した上で治療を始めることが重要になります。

Thyroid橋本病

20代後半から40代の患者様が多く、とくに女性に多い病気です。
この病気に関する論文を世界で初めて医学雑誌に発表した九州大学の外科医橋本策博士の名前にちなんで橋本病と名付けられました。
慢性甲状腺炎とも呼ばれていて、甲状腺に慢性的な炎症が起きる病気です。甲状腺ホルモンが不足するために新陳代謝が悪くなり様々な症状があらわれます。うつ病や更年期障害、皮膚病などと症状が似ていることから、間違われて治療されていることもあります。治療により甲状腺ホルモンが正常値に戻ることにより症状は無くなります。

検査

血液検査

甲状腺超音波検査

診断

甲状腺ホルモンの低下やTSH(甲状腺刺激ホルモン)の上昇

甲状腺の自己抗体が陽性になる

甲状腺が硬くなる

びまん性(全体的)に甲状腺が腫れている

甲状腺の超音波検査でエコーレベルの低下が見られる

治療

甲状腺機能が低下している場合には投薬治療をおこない、甲状腺機能が低下していない場合は定期的な経過観察をおこないます。また、昆布わかめ等の海藻類に多く含まれるヨウ素の摂取制限をすることで、甲状腺機能は正常化する場合もあります。

バセドウ病や橋本病完治できるのかというと?

残念ながら現在は難しいです。
ただし、適切な内服治療等を行うことで「寛解(かんかい)」に至ることは可能です。
※寛解・・・全治ではないが、病状が治まっておだやかな状態であること
「寛解」すれば、健常者と同じレベルの日常生活を送ることは可能ですので、躊躇せずに積極的に診断治療に臨んで頂きたいと思います。

pagetop