しぶや甲状腺クリニック

しぶや甲状腺クリニック

Thyroid甲状腺のしこり

甲状腺のしこりには、悪性の腫瘍(いわゆるがん)と良性の腫瘤などがあります。
甲状腺の悪性の腫瘍の8割以上は乳頭癌とよばれるがんで、ほとんどの場合には手術で治療することができますし、適切な治療さえ行えば命に関わることはほぼありません。(術後10年間の生存率は9割以上)

頚部のしこり(のどぼとけの傍や、頚の横)

喉の違和感・物の飲み込み時の違和感

声のかすれ・誤嚥(むせこみ)

甲状腺癌の症状として、上記を訴える人もいますが、自覚症状がなく病院ではじめて偶然見つけられることも少なくありません。

Thyroid検査方法

血液検査 …………… 甲状腺機能異常を合併していないか、腫瘍マーカーが高くなっていないかをチェックします

        (当クリニックでは検査結果を当日にお出し出来ます)

甲状腺超音波検査 … 甲状腺の中に腫瘍(しこりがないか)、その大きさや形状などを調べます。

細胞診検査 ………… エコーで腫瘍の場所を確認しながら、針を刺し、腫瘍細胞組織を吸引し、悪性か良性かを診断します。

Thyroid診断

良性腫瘍(りょうせいしゅよう)

濾胞腺腫(ろほうせんしゅ)

腺腫様甲状腺腫(せんしゅようこうじょうせんしゅ)

悪性腫瘍(あくせいしゅよう)

約95%が命の危険性が少ないおとなしいがんです。癌は4つと、リンパ腫に大別されます。

乳頭癌(にゅうとうがん)

濾胞癌(ろほうがん)

髄様癌(ずいようがん)

未分化癌(みぶんかがん)

悪性リンパ腫(あくせいりんぱしゅ)

Thyroid甲状腺腫瘤の主な治療

良性腫瘍(りょうせいしゅよう)

一般的には、定期的な経過観察を行った後に腫瘍のサイズが大きい場合は、手術を検討します。

PEIT(ペイト)治療:アルコールの一種であるエタノールを注入してのう胞性の腫瘍を小さくする

甲状腺がん

根治を目指す場合は手術によって切除するのが唯一の治療法となります。

放射性ヨウ素内用療法(アイソトープ治療):これは甲状腺が全摘された方の術後療法となります。

放射性外照射:放射線を外から当てることによって腫瘍を破壊する 

などの治療をおこないます。

pagetop